知的に話したいのなら、パワポ資料や原稿を読み上げるプレゼンテーションから卒業しよう。その代わり、プレゼンテーションをコミュニケーションと捉える。だから分かりやすく話す意識を持ちます。論理はそのため。そして飽きさせないように豊富な語彙を使う。パワーポイントに頼りすぎるのはDeath by PowerPointと呼ばれ世界では相手にされません。世界基準のプレゼンテーションを学べば、話はスマートになります。

語彙

不思議な日本語

感とか値とか… 「期待感があります」   最近よく聞きますが、これって 「期待があります」ってことかな? といつも考えるんですよ。   私には期待と期待感の区別が つか

日本での「いい話」って

「いい話」の単一イメージ 日本ではいい話と言えば涙を流すような 感動的なものとほとんど同義語だと 言っていいでしょう。   「感動」が指し示すものが 非常に限られており、 だいたい涙がつきも

CSAは能力を身につける協会

日本人にもっとコミュニケーションスキルを! 当協会の名称は 「コミュニケーションスキル協会」です。 英語名称がCommunication Skills Associationなものですから略してCSA

修辞という概念

言葉を飾る 修辞って言葉をご存知ですか?   レトリックとも呼ばれるこの修辞。 言葉に飾り付けをするって意味です。   文法で修飾語ってありますね。   「料理」だけじゃ

プレゼンテーションの本質

プレゼンテーションの本質は「伝わる力」ではありません。 「伝える力」です。 「伝わる力」だと主張する人は自分ではなく、何か別の力が作用して結果的に伝わることを期待しているのでしょうが、本来は自発的に伝

独立を考えるのなら

  必須のスキルとは CSAのプレゼンテーション講座を 受講されている皆さんの半分以上は 独立を考えているか独立を果たして います。   私も独立をしたうちの一人なのですが、 やは

少ない語彙がもたらすイメージ低下

語彙は多い方がいい!でも、なぜ? 最近語彙を増やしたいと考える ビジネスピープルが多いようです。   その証拠に書店には語彙を増やす秘密に 関する本がたくさんあります。   暇な時