人間がやっていることって

今私たちの周りにあるものはすべて

コミュニケーションの産物です。

 

目に見えるものもそうでないものも。

 

目に見えるもので言えば、例えば電化製品。

 

デザイン、機能、価格、販売、宣伝…

 

必ず誰かが別の人とメッセージを交換

しています。

 

そしてあなたの元へ届いています。

 

目に見えないものだと、例えば法律。

 

作り上げる過程で言葉をやり取りして

意見を交わし、同意に至るのです。

 

企業、顧客間における契約もそうです。

 

また、環境問題を市民に訴える活動なども

当てはまります。

 

だから、私たちの社会は全てが当事者による

コミュニケーションの末に出来上がる

ものなのです。

 

これまでの誤ったイメージ

コミュニケーションが往々にして

「共感」とか「円滑な」などと

考えられがちの日本ですが、

本来のコミュニケーション能力とはそんな

フワフワしたものではありません。

 

そんなフワフワしたイメージは

コミュニケーションという単語を持たない

日本人によって、

日本文化に大きく影響されたイメージに

基づいて作り上げられてしまいました。

 

なぜなら日本文化ではコミュニケーション

の際の最大関心事が相手との人間関係

だからです。

 

だから伝えることと関係性の構築と保持は

別物なのです。

 

しっかりとメッセージを伝えることが

コミュニケーションだと捉えたら、

コミュニケーション能力を

理解しやすくなります。

 

つまり何を伸ばせばいいかです。

 

これを理解できないから日本社会は

コミュニケーション能力が大切だと

言いながらその解決策を知らなかったの

です。

 

別に私が大発見したのではありません。

 

西洋で研究されてきた結果です。

 

本来私たちがコミュニケーションの中で

行っているのは

①聞く、②判断する、③反応する、です。

この三つの繰り返しです。

 

これらの精度を上げることが

コミュニケーション能力向上のカギです。

 

そしてその結果が人間関係ということに

なります。

 

CSAの対人コミュニケーション講座は

コミュニケーション能力を中心に

その伸ばし方を学びます。

 

相手が誰であっても自分のメッセージを

しっかり伝えることがどれほど高い

コミュニケーション能力かを学べ、

相手の心を変える方法、「説得」を

学術的に理解できます。

 

対人コミュニケーション講座はCSAの

専科講座です。

 

個人で受けられる方も、企業研修でも。

スケジュールに合わせてお好きな時間に

開講いたします。

 

https://commskill.net/senka

 

※コミュニケーションスキル協会は

東京と福岡で随時体験会を開催しています。

詳細はほぼ毎日配信されるメルマガに

掲載されていますので

まずはメルマガにご登録して、

じっくり読んで納得してから

受講してください。

ご登録はこちらから!

↓   ↓   ↓   ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/81306