知的に話したいのなら、パワポ資料や原稿を読み上げるプレゼンテーションから卒業しよう。その代わり、プレゼンテーションをコミュニケーションと捉える。だから分かりやすく話す意識を持ちます。論理はそのため。そして飽きさせないように豊富な語彙を使う。パワーポイントに頼りすぎるのはDeath by PowerPointと呼ばれ世界では相手にされません。世界基準のプレゼンテーションを学べば、話はスマートになります。

NEWS

カテゴリ一 記事一覧

話すための英語学習

住みたい国はカナダ   私は留学したのはアメリカですが、住みたいのはカナダです。 そう考えるのは私だけではありませんで、住みやすさ世界ランキングではトップ10にカナダの3つの街が入ります。

講座開始時間変更のお知らせ

プレゼンテーション講座が受けやすくなります   CSAは今月で創立2周年です。 実際に講座がスタートしたのは2019年1月ですので1年半くらいが過ぎました。 これまでも少しずつ講座内容を改善

子どものときからプレゼンテーション

学校では学べない大人になって必要な能力   CSAはプレゼンテーションを単なる発表会とは見ていません。 プレゼンテーションとは言葉を磨く訓練です。 ステージ上で文字が踊るスライドを背にして原

異文化間コミュニケーション

日本文化   このブログを読んでいる方のほとんどが日本文化で生活してきたことでしょう。 もし日本を一度も出たことがないのであれば日本文化の特徴を説明しようとしてもなかなか明確な解答にたどり着

スライドはカンペではありません。

日本ではプレゼンテーションをするときにカンペを見ることが許されています。 ただ、欧米ではこれが恥ずかしい行動として考えられているのをご存知でしょうか。 プレゼンテーションで原稿を、またはスライドに書か